今婚プランは本当に追加料金不要で満足できる結婚式が実現できるのかを口コミをもとに徹底検証

今婚は関東と東海で格安で満足できる「オールインワンウェディング」を提案してくれる結婚サービスです。
格安結婚式の見積もりでありがちな「格安プランだと物足りなく感じて結局グレードアップして値段も上がってしまった」という事態に至らないよう、最初から満足できるグレードとプラン内容で結婚式に必要なものが全て含まれているプランを作ったもの、それが「オールインワンウェディング」です。

 

しかし、本当に「オールインワンウェディング」は満足できるようなプランとなっているのでしょうか。
結婚式に必要なものがよく分からない、どの程度のグレードのものが良いのか分からない、そんな皆さんのために、今婚に直接問い合わせて徹底検証した口コミを公開いたします。

 

 

完璧すぎるほどの今婚「オールインワンウェディング」/サービスとその内容

 

今婚の公式サイトには「オールインワンウェディング」にどのようなサービスが含まれているか掲載されています。しかし、大切なのは「何が」だけではなく「どの程度」までのサービスが受けられるか、なのです。

 

実際に様々な結婚式場や結婚サービス(スマ婚ゼロ婚楽婚)で見積もりを取った経験のある筆者だからこそ分かる、値上がりのカラクリと、結婚式に何が必要か、ひとつひとつ見ていきましょう。

 

 

結婚式と披露宴の全体で必要なもの

 

・専属プランナー:一緒に結婚式の準備を進めるプランナーです。当日までの新郎新婦の担当となるので、親身に対応してくれる等、重要となります。
・介添え:新婦のドレスを整えながらエスコートしてくれる人です。
・新郎新婦控室:文字通り新郎新婦の控室です。
・親族控室:新郎新婦の親族控室です。

 

これらの4つは、全ての式場、結婚サービスで基本的に含まれるものとして見積もりに組み込まれています。

 

 

挙式に必要なもの

 

・挙式:キリスト教式ならば神父、神前式ならば神主なども含まれます
・結婚証明書:挙式中に新郎新婦がサインするもので必須のアイテムです)

 

この2つも必ず必要なものです。どのプロデュース会社も、宴内人前式はプラン内で、チャペルを使用する場合はチャペル料金がかかってくるようです。ただ、今婚の宴内人前式の場合、他のプロデュース会社(スマ婚ゼロ婚楽婚)では別途料金がかかってくる挙式に必要な写真撮影・当日のリハーサル・結婚証明書などが含まれているので、そこ含めて評価の高い口コミが多いのかと思います。

 

 

披露宴に必要な物

 

今婚の場合に披露宴に必要な物がほとんど含まれているので、とてもわかりやすく、且つ追加料金が出にくいようになってました。以下、今婚オールインワンウェディングに含まれる内容です。

 

・会場使用料:例えばホテルやゲストハウスで披露宴をおこなう場合、会場によって値段が変わります。収容人数や人気度により、その価格は上下します。
・会場紹介手配代行:この費用については結婚サービスならではです。
・プロ司会:披露宴の司会進行を務めるスタッフです。
・プログラム作成:披露宴のプログラムなんているの?と思われた方、このプログラムはゲストに配られるものではなく、司会をはじめとするスタッフ間で共有されます。
・招待状:ゲストへ送る招待状です。式場によってはデザインによって値段が大幅に変わることがあり、1世帯あたり500円もの費用がかかることもあります。
・席次表:当日ゲストに配る席次表です。招待状同様、1つの費用が高くなりがちで人数分となるとかなりの高額となる可能性のあるアイテムです。
・席札:各テーブルに置いておく席札です。招待状、席次表と同じく値上がりしやすいアイテムです。
・キャプテン:披露宴を取り仕切る役割のスタッフです。
・音響オペレーター:BGMや余興の音響を担当してくれるスタッフです。
・ウェディングBGM:歓談中に流すBGMや、余興、手紙のシーンなどのバックでながす音楽です。このBGMについては、式場によって細かく費用が分かれており、ベーシックなプランでは式場が指定した楽曲リストからしか曲を選べないということが多いです。好きな音楽をかけたい場合は、BGMプランのグレードアップをして追加料金を支払わなくてはなりません。今婚のスタッフに確認したところ、原版のCDを持ち込めば好きな音楽をかけられるとの事でした。
・プロフィールDVD作成:新婦のお色直し中に上映されるプロフィールDVDです。新郎新婦のなれそめなども紹介できるものです。持ち込みも自由ですが、プラン内にDVD作成も含まれるならば、利用しない手は無いでしょう。
・機材使用料:持ち込みの場合に別で上乗せ請求されることがありますが、今婚ではその心配もありません。
・芳名帳:受け付けでゲストたちに名前と住所を書いてもらうものです。
・ウェルカムボード:もちろんオリジナルのウェルカムボードを持ち込んでも良いですが、自分たちで用意しなくても良いのは嬉しいポイントです。

 

この披露宴関連費用については、今婚のオールインワンウェディングには嬉しいポイントが多数ありました。

 

各項目の詳細にも書きましたが、注目ポイントはウェディングBGMです。
多くの式場や結婚式サービスで、最初に提示されるベーシックな最安値プランだと、自由に楽曲が選べないことがほとんどです。特にこだわりが無く、完全にお任せで良いという場合はそれでも良いですが、例えば新郎新婦の出会いにゆかりのある曲、思い出に残っている曲、ゲストの好きな曲、両親の好きな曲など、「この曲をかけたい!」という曲がある場合、あるいは「このシーンではこの曲でしょ!」というこだわりがある場合は、自由に楽曲を選べるプランにグレードアップする必要があります。
自由度によって料金が異なり、自由度を高くすれば高くするほど料金が上がります。
それが、今婚では最初から無制限で好きな曲をチョイスできるというのです。ただし、原版のCDを持ち込む必要があります。これはどの式場でもどの結婚式サービスでも共通しており、著作権の関係で決められたことです。
原版CDを持ち込めば、好きな曲を好きなシーンで流せるのは、嬉しいポイントです。
※式場によって条件が変わる場合があるそうです。

 

 

料理・ドリンク

・コース料理:会場によって異なりますが、6品以上のフルコースで、食材もチープにならずに満足できるコース内容です。
・フリードリンク:会場によって異なりますが、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、ソフトドリンクなど基本的なアルコールとノンアルコールドリンクが含まれています。
・乾杯用スパークリングワイン:乾杯の時に必ず注がれるスパークリングワインです。
・ウェルカムドリンク:披露宴が始まるまでの間に提供されるフリードリンクです。
・ウェディングケーキ:基本的なウェディングケーキです。会場によって異なりますが、円形またはスクエアの生クリームベースのケーキとなります。

 

料理やドリンクに関しては、最も値上がりするポイントですが、今婚のコース料理はいわゆる「最低グレード」の料理よりもグレードの高いオリジナルコースとなっています。

 

一般的な式場や格安結婚式サービスで提案される最低グレードのコース料理は5品であることが多く、フレンチコースの場合、前菜、スープ、肉料理、魚料理、デザートとなっています。これにパンとコーヒー、そしてフリードリンクがつきます。

 

しかし結婚式のコース料理というと、次から次に料理が運ばれてきて、満腹になるイメージを持っている方が多いため、5品だと物足りなく感じてしまうことがあり、参加者の口コミも挙式した新郎新婦の口コミも評価が下がってしまいます。
筆者が別の格安結婚式サービスで見積もりを出してもらった時は、なんとデザートがウェディングケーキとなっていました。ウェディングケーキはデザートとは別に出されるものじゃないの!?と驚いたのを覚えています。

 

アミューズ、前菜、スープ、肉料理、口直し、魚料理、デザート、これで7品です。アミューズとはメインの前菜の前に出される小さなオードブルのことで、簡単なおつまみのようなものです。このアミューズは小さな単体のオードブルなので、あってもなくてもさほど印象は変わりません。今婚のコースでは、前菜、スープ、肉料理、口直し、魚料理、デザートというコース内容が一例となります。
最低でも6品のコースで、満足感が得られます。

 

また、使っている食材も、鯛や海老などのおめでたい席に相応しいものを採用し、肉料理も豚や鶏などの安い肉ではなく、しっかりと牛肉を使っています。
もちろんデザートはウェディングケーキとは別で、会場オリジナルのデザートが振舞われます。

 

フリードリンクについては、会場によってラインナップが異なりますが、基本的なビール、ワインは必ず含まれます。
このフリードリンクについては、種類を増やすためにグレードアップを進める式場が多いですが、実はあまり意味が無いと言われています。披露宴の場では、自分から希望するドリンクを注文する人が少ないためです。フレンチコースを選んだ場合、乾杯のスパークリングワイン、好みでビール、魚料理には白ワイン、肉料理には赤ワイン、という順番でスタッフがドリンクを勧めて回ります。

 

スタッフが「お飲み物はいかがいたしましょうか」と聞けば「日本酒」や「焼酎」という言葉が出てきたり「カクテルはありませんか?」と言われたりすることもありますが、自分からはあまり「あれがほしい」「これが飲みたい」と言わない傾向にあります。
そのため、ドリンクはあまり豊富に種類を用意する必要は無いと言われています。

 

 

フラワー

 

今婚では装花もプラン内に含まれており、標準のお花の場合のサンプル写真を見せてもらいましたが、はっきり言ってグレードアップしなくても良いくらいのボリューム感でした。プランナーさん曰く、7割くらいの新郎新婦が標準でご利用されているとの事です。
ただ、拘りがある場合、イメージ画像を提出して見積をとってもらったり、フラワーコーディネーターと直接打ち合わせも出来るとの事でしたので、拘りがある方はそのような進め方で、希望が叶えられると思いました。

 

・メインテーブル装花:新郎新婦が着席する高砂に飾る花です。
・ブーケ:ウェディングドレスにもカラードレスにも合うブーケを選べます。
・ブートニア:新郎のタキシードの胸ポケットに飾るブートニアも含まれます。
・ゲスト卓装花:ゲストのテーブルに飾る花です。
・贈答用花束:通常の見積もりには絶対に入っていないので嬉しいポイントです。

 

フラワーも値上がりしやすいポイントですが、今婚の場合は8割の新郎新婦が追加料金のない標準フラワー。
最安値のプランだとメインテーブルの花がしょぼくなってしまったり、ブーケやブートニアは持ち込みを前提にプランに含まれていなかったりします。
今婚は勿論持ち込みも可能で持ち込み料がかかりませんが、オールインワンウェディングの中にも含まれています。

 

ウェディングドレスとカラードレスでブーケをチェンジしたいという方は、少々物足りないかもしれませんが、追加費用で対応可能ですし、ブーケは持ち帰りとなるため2つ用意すると帰りの荷物がとんでもないことになるため、1つで十分という人もいます。

 

 

引き出物

 

今婚では、ギフト関係も充実にプラン内に含まれております。
・引き出物:3000円相当のものから自由に選べます。
・引菓子:1000円相当のものから自由に選べます。
・紙袋:引き出物を入れる袋です。
・お見送りギフト:いわゆるプチギフトというものです。小さなお菓子などを贈ります。

 

引き出物の金額の相場が3,000円、引き菓子の相場は1,000円なので、グレードを落とさずに引き出物を選ぶことができます。
また、意外と計算に入れ忘れてしまう紙袋もちゃんと組み込まれています。

 

 

撮影・記録

 

・プロカメラマン:準備から撮影に入り1日そばについてベストショットを狙います。
・親族集合写真:新郎新婦とその親族による集合写真を撮影します。
・写真台紙3冊:新郎新婦、両家両親用の3冊の写真台紙です。
・写真データ:500〜800カットの写真データをもらえます。
・オンラインアルバム:スタッフが厳選した100〜150カットが自由に閲覧できるオンラインアルバムです。ゲストとシェアして楽しめます。

 

実際に様々な結婚式場や結婚サービス(スマ婚ゼロ婚楽婚)の相談会に参加して、口コミ等調査しましたが、ここまで、プラン内で豊富に含まれているのは今婚だけでした。

 

この撮影・記録に関しては、とても嬉しいポイントが含まれています。
親族の集合写真が3冊分もらえるというのは、どこの式場も別途料金がかかりますが、今婚はそれがプランに付いているので、親御様に台紙がプレゼントできるようになってます。
プロカメラマン撮影も写真データもプラン内なので、追加料金はかかりません。楽婚は、写真データが枚数によって追加料金が設定されており、式場によっては同じく写真データは別途料金という設定が多かった。また、アルバムについては今婚ではオンラインアルバムがプランに付いており、後日列席者がIDとパスワードを入力すると無料で閲覧とダウンロードが出来るとの事で、かなりお得感満載でした!

 

 

ドレス・ヘアメイク

 

・ヘアメイク:当日に新婦のメイクとヘアセットを担当するスタッフです。
・お色直しヘアメイク:お色直しで髪型を変えたりメイクの雰囲気を変えることもできます。
・ヘアメイクリハーサル:結婚式当日の前に一度メイクとヘアセットのリハーサルをおこないます。

 

オールインワンウェディングのプラン内容には記載されていませんが、20万円分のウェディングドレス、20万円分のカラードレス、5万円分のタキシードの料金が特典に標準でついてきます。つまり、実質オールインワンウェディングの見積もり費用内に含まれているようなものです。
提携衣装店はビタースウィートという人気ドレスショップで、種類も豊富で、見学もさせて頂き、きめ細やかな接客をしてもらえました。
また、今婚プランには標準で、ヘアメイク2スタイルと事前のリハーサルも含まれており、ヘアメイキストさんが出張で自宅まで来てもらうことが出来るとのことだったので、かなり手厚い対応をして頂けそうです。

 

 

オールインワンウェディングに含まれない内容について

 

基本的な結婚式に必要となってくる内容はオールインワンの中に含まれておりますが、オプションとしてよく注文をもらうものは以下の内容との事です。

 

親御様への記念品

今婚オールインワンの中に、親御様への贈呈用花束が含まれているので、披露宴クライマックスの場面で、親御様への花束贈呈がプラン内で可能です。
そこにプラスして親御様に記念品をご用意される場合、今婚に注文するか自分たちで持ち込むかになってきます。

 

お車代

遠方のゲストにお車代を渡すのが一般的ですが、これはさすがにプランには含まれませんので、自分で用意が必要です。口コミによるとおおよそ、片道分の交通費を包まれるのが多いようです。

 

 

まとめ

 

今婚の「オールインワンウェディング」で、本当に満足できる結婚式が挙げられるのか、という事を口コミや実際に相談会に参加して、徹底検証してみました。
比較するために、スマ婚ゼロ婚楽婚の相談会にも参加し、含まれている内容や料金、プランナーの対応姿勢や提案会場を総合的に検証してみたところ、今婚が「圧倒的にお得で信頼できそう」という印象でした。

 

結論、今婚では料金を上げずに満足できる結婚式が実現できるのか、については、実際に様々な結婚式場や結婚サービス(スマ婚ゼロ婚楽婚)の相談会に参加して、口コミ等調査しましたが、ここまで、プラン内で豊富に含まれているのは今婚だけだったというのと、プランナーの対応もすごく物腰柔らかく、こちらの要望にも耳を傾けて聞いてもらえ、会場見学に行った際も、そこの会場スタッフがプロデュース会社の中でも今婚は特にしっかりしてますよ、と今婚推しとの事でしたので、間違いなく今婚では料金を上げずに満足できる結婚式が実現できる、と思います!

 

無駄をなくし、本当に必要なものを満足できるグレードで余すところなく盛り込んで、満足度の高い結婚式をプロデュースしてくれる、これが今婚でした。

 

格安結婚式で満足いく結婚式を挙げたいというカップルさんは、今婚がおすすめです!

関連ページ

今婚を実際に利用した新郎新婦の口コミと評判@
格安結婚式ランキング1位の「今婚」を、料金・サービス内容と、口コミや実際にご利用された新郎新婦の体験談をもとに、徹底的に解説していきます!
今婚を実際に利用した新郎新婦の口コミと評判A
格安結婚式ランキング1位の「今婚」を、料金・サービス内容と、口コミや実際にご利用された新郎新婦の体験談をもとに、徹底的に解説していきます!
今婚の口コミ・評判のまとめ
格安結婚式ランキング1位の「今婚」を、ご利用して結婚式を挙げられた新郎新婦の実際の声や、口コミ・評判・体験談をわかりやすくまとめました。